企業内人材育成推進助成金を導入して評価制度を整備する

社会保険労務士 表参道HRオフィス 山本純次です。

厚生労働省より提供されている助成金の中で、「企業内人材育成推進助成金」というものがあります。

これは、企業の人材育成に関して、自社の業務の体系図や業務能力一覧(個票と言われてます)を作成し国の制度であるジョブカード等を活用して人材育成を進める企業に助成金が支給されるものです。

企業内人材育成推進助成金

この助成金には3つのコースがありますが、特におすすめなのが「教育訓練・職業能力評価制度」の導入です。

従業員の能力開発を計画的に実施するための基本方針を作成し、自社の業務の職業能力体系図を作成し、職種・職務、労働者区分ごとの業務の洗い出しを行います。そのうえで各従業員の職務に応じた評価シートをジョブカードの様式を使用して作成していきます。

この過程で、自社の業務の内容の再確認、各従業員に期待する業務範囲・レベルを整理できるので、人材開発などの制度を整備する余裕のない中小企業にはお勧めです。この制度を導入したうえで、定期的に能力評価を実施することで、最大100万円の助成金が支給されます。

助成金の支給もそうですが、国の評価制度の仕組みを使いつつ、自社の業務内容の洗い出し、従業員の評価に関わる仕組みづくりが行えますので、非常に意義のあるものと感じます。

この助成金を申請するには、制度導入の計画届を提出し、それに伴う就業規則、職業能力体系図、評価項目を整備し、実際の評価を定期的に行うことで、従業員の能力開発を促すことが必要です。

社会保険労務士にご依頼いただければ、外部の目も入れながら、この仕組みを作りだし、尚且つ助成金ももらえるというお得な制度ですので、是非ご利用をお勧めいたします。

当事務所のサービスでは、助成金の申請は完全成功報酬で、初期費用なしでご利用いただけます。是非ご興味を持たれた事業主様はお問合せください。HPはこちら

日本ブログ村の士業ブログランキングにも参加いたしました。お読みいただいた方は
こちら→士業ブログ 社会保険労務士(社労士)をクリックいただければ幸いです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
The following two tabs change content below.
社会保険労務士 表参道HRオフィス 山本純次
渋谷・表参道に事務所を構える人事労務の専門家、社会保険労務士表参道HRオフィス。代表山本純次。社労士として社会保険・労働保険の手続き代行から就業規則の策定、労務相談までなんでも対応いたします。渋谷区、港区、目黒区、世田谷区、新宿区をメインに社労士業務の事務手続き代行、給与計算、就業規則作成まで幅広い人事労務業務を対応いたします。