就業規則と意見書の関係

 こんにちは

「聞きやすい」「わかりやすい」「何でも聞ける」

15年の経験と実績に加え迅速な対応と実行力で、労働トラブルを防止し
労務管理適正化を実現することで会社の更なる発展に貢献する

経営の安心・安定実現コンサルタント 松本容昌  です。  

今回は、就業規則と意見書の関係

について書いてみたいと思います。

ご存知のように、従業員を常時10人以上雇用している企業は、 就業規則を
作成することが、労働基準法によって定められています。

そして、作成した就業規則を管轄の労働基準監督署に提出する必要があります。

その際に意見書を添付する必要があります。

ところで、この意見書に関して誤解されている経営者の方多く いるようです。
今回は、就業規則と意見書の関係についてお話ししたいと 思います。

意見書には同意を得る必要はありません

  a0008_001796_m

労働基準法では、従業員を常時10人以上雇用

する企業に 就業規則の作成の義務を課しています。

さらに、単に就業規則を作成するだけでなく、従業員代表の意見を 記した
意見書を添付して管轄の労働基準監督署に届出る必要があります。  

ところで、就業規則に添付する意見書ですが、多くの経営者の方が、
誤解しているようですが、

これは意見書であって、同意書ではありません。  

つまり、就業規則を労働基準監督署に届出において、

その内容に従業員の代表の同意を得る必要はないのです。  

もちろん、従業員が同意できる内容にすることが望ましいのは、当然ですが、
仮に、従業員に同意を得られず、反対の意見が意見書に 書かれたとしても、

それにより、就業規則の有効性には全く影響を 与えることはありません。  

労働基準監督署も、反対意見が記載された意見書が添付されていた としても、
それについて変更を求めることはありません。(もちろん、 法律の基準を

満たしていない事項については、変更を求められます)  

 

もう少しわかりやすく書きますと、従業員の代表が、

「この就業規則は、認めることができない。」

といくら主張しても、その内容が、法律の基準を満たしている限り

従業員は、その就業規則に従わなければならなくなります。

従業員代表の選出方法は重要です

  a0008_001842_m

ところで、就業規則と意見書との関係で

注意しなければ ならないのは、意見書に書かれる内容より、意見を聞く従業員の
代表の選出方法です。  

繰返しになりますが、就業規則を届出をするのに、従業員の代表の意見を聞く
必要があります。  

この従業員代表は、民主的な方法で選出される必要があります。  

民主的な方法とは、投票や多数決はもちろん、従業員同士で話し合いで決めても
問題ありません。

反対に、経営者が特定の従業員を指定して、意見書に意見を求めることは、
労働基準法に違反することとなってしまいます。
 

実は、労働者代表については、あまり意識されていない点でもあります。  

しかし、実際にトラブルが起こってしまった場合には、

従業員代表の選出方法が重要なポイントとなってくる可能性も十分考えられますので、

是非この点は、正しくご理解いただければと思います。  

本日もお読みいただきましてありがとうございます。
社会保険労務士 松本 容昌

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
The following two tabs change content below.
松本 容昌
会社発展を目指す経営者の方を応援し、いつまでも心強い味方でいたいと思います。開業15年。助成金申請総額1億円以上。就業規則作成実績100社以上。代表社会保険労務士が直接対応いたします。

シェアする