逆マタハラについて

こんにちは。社会保険労務士の石塚朋子です。

昨今、妊婦に対するマタハラは、主に男性が女性にするものだと思われていましたが、

意外にも、「子供を産んだ女性」と「子供を産まない女性」との間に対立があるというようなこともわかってきました。

妊娠や出産について何も知らない男性に言われるよりも、同じ女性に傷つく言葉を言われることのほうが、おそらく数倍もつらいでしょう。

「女性に優しく、働きやすい会社」として有名だった資生堂が、今まで時短勤務をしてきた社員に対して、積極的に遅番や土日に入るように制度を変更したそうです。

確かに、これは産む女性と産まない女性の両方に言い分があると思います。

もちろん、社会全体として考えても、自分のライフプランを考えても、出産し育児をすることは責められることでもなんでもありません。

ただ、どうしても、産まない女性にしわ寄せが来ることは、多少なりとも否めない感があります。

そして、自分に不利益がなかったとしても、感情の部分で不公平感を感じるでしょう。

社会全体が産む女性を優遇する風潮がある以上、産まない女性は不満があったとしても、それをなかなか主張することはできず、主張することによって自分が悪者になる気分にもなるのではないかと思います。

それは、妬みとして処理されるべきものではない気がします。

この部分で、どんなに法改正をしようとも、人間の感情というのは法律で縛ることはできず、やはり企業毎の業種や職種、そして産む女性と産まない女性との割合や、待遇面でお互いが満足できモチベーションを保てるような対策は、企業の中で働く人達で解決できる部分も多いのではないかと思います。

企業にとって社員は資産です。

もし、このような問題が出てくる可能性がある場合には、貴重な人材を流出させたり、優秀な人材のキャリアを潰すことなく対応が求められます。

会社と従業員がwinwinの関係を築くために存在するのが社労士です。

大きな問題になる前に、ぜひ社労士を活用してください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
The following two tabs change content below.
石塚 朋子
障害年金は、様々な病気やケガで障害状態になった時にみなさんが請求できる年金です。年金制度はとても複雑ですが、役に立つ情報をなるべくわかりやすくお話しさせていただきます。 また、今までの社労士経験から、私が得意とする労務関連についても触れていきたいと思っております。
石塚 朋子

最新記事 by 石塚 朋子 (全て見る)

シェアする