労働時間管理の解決方法 クラウドシステムの利用

会保険労務士 表参道HRオフィス 山本純次です。

最近のニュースでも多く流れていますが、過重労働等に関する政府機関における取締りは日に日に厳しくなっています。

過重労働の解消について、簡単な解決法はありませんが、一つの方法として労働時間の管理をタイムリーに、そして簡易に行う方法としてクラウドシステムの利用をご提案いたします。

通常、過重労働と判断されるのは、月単位で36協定の上限を超えた場合、もしくは安全衛生法の健康障害基準(月80時間超の残業)を超えた場合が該当します。

この月累計の残業時間をどのように把握されていますでしょうか?

タイムカード等の紙で管理されている場合、集計をしないと判断ができません。また、ExcelやOutlookを使用しての個人ごとの入力をされている場合でも、瞬時に判断することは難しいです。

当事務所が認定アドバイザーとして推進しています「JOBCAN」などのクラウドシステムであれば、PCやスマートホンで毎日の勤務時間を入力・承認でき、毎月の累計残業時間が瞬時に集計されます。また、36協定上の残業時間上限を超えそうになった場合、アラームを出してくれますので、月末の労働時間を押さえて月単位での法違反を防ぐ効果も期待できます。

また、上司としてはWeb上で従業員の労働時間の一覧が瞬時に確認できますので、業務量の調整や分析に役立つこともあります。

加えて、このようなシステムであれば、例えばアルバイトが多い企業やシフト制を敷いている会社の個人ごとのタイムスケジュールをウェブ上で作成のうえ勤怠管理を行うことができます。

なんとなく、忙しい人は分かっているが、月のどの曜日が忙しいのか?どの期間に繁忙が重なっているのか?同じ業務をしている従業員で労働時間にどこまで差があるか?など、本来は管理者が把握のうえ業務の割り振りを考える必要がありますが、そこを蔑ろにされている企業の方も多いのではないでしょうか?

この問題を解決する一つの手法がクラウドシステムにより労働時間管理です。

当事務所では「JOBCAN」の認定アドバイザーとしてシステムの導入、運用方法のアドバイス、給与計算の連携までお手伝いいたします。また、当然労働保険法規に関するご相談にも対応いたします。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
The following two tabs change content below.
社会保険労務士 表参道HRオフィス 山本純次
渋谷・表参道に事務所を構える人事労務の専門家、社会保険労務士表参道HRオフィス。代表山本純次。社労士として社会保険・労働保険の手続き代行から就業規則の策定、労務相談までなんでも対応いたします。渋谷区、港区、目黒区、世田谷区、新宿区をメインに社労士業務の事務手続き代行、給与計算、就業規則作成まで幅広い人事労務業務を対応いたします。