4月給与計算の注意事項まとめ

社会保険労務士 表参道HRオフィス 山本純次です。

4月より新年度ということもあり、社会保険・労働保険関係の法改正がいくつかあります。

そろそろ4月分の給与計算が始まる頃かと思いますので、特に保険料率の変更の部分は忘れずに修正ください。

①雇用保険料の料率変更

一般事業者の雇用保険料率で労働者負担分が5/1000から4/1000に変更されます。
事業主負担分は8.5/1000から7/1000に変更になります。

雇用保険料率変更

②健康保険料の料率変更

協会けんぽの保険料率が3月(4月納付分)より変更になっています。東京都の場合、49.85/1000から49.8/1000です。

健康保険料率変更

③子ども・子育て拠出金(旧児童手当拠出金)の料率変更

1.5/1000から2.0/1000に変更になります。注意は4月より変更で納付分は5月からなので、5月の給与計算時に会社負担分の計上より変更いただく必要があります。

④健康保険の標準報酬月額の上限変更

これまでの121万から138万に変更になります。月額報酬が高い役員の方などの変更は要注意です。

健康保険標準報酬月額上限変更

直接的に影響が出るのはこのあたりですが、他にも雇用保険や助成金などで法改正がありますので、そのあたりは次回以降解説いたします。

給与計算のアウトソーシングも当事務所では請け負っておりますので、お問合せください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
The following two tabs change content below.
社会保険労務士 表参道HRオフィス 山本純次
渋谷・表参道に事務所を構える人事労務の専門家、社会保険労務士表参道HRオフィス。代表山本純次。社労士として社会保険・労働保険の手続き代行から就業規則の策定、労務相談までなんでも対応いたします。渋谷区、港区、目黒区、世田谷区、新宿区をメインに社労士業務の事務手続き代行、給与計算、就業規則作成まで幅広い人事労務業務を対応いたします。