老齢厚生年金の誤解(61歳~64歳のあなた)

年金の間違った理解

多くの中高年が老齢基礎年金(国民年金)と老齢厚生年金は、65歳から受給が始まると誤解しています。たしかに、老齢基礎年金(国民年金)は、65歳の誕生日の翌月から受給資格が発生します。しかし、現在、61歳~64歳の方で、サラリーマンや公務員、私学教職員の業務経験があり、1年以上厚生年金(共済年金)保険料を支払っているなら、年金事務所に老齢厚生年金の裁定請求をすれば、今から、老齢厚生年金がもらえます。これを特別支給の老齢厚生年金といいますが、もらえることがわかっている人の中の多くの人が、今もらわずに65歳からもらい始めれば、その分受給額が増額されると誤解しています。今もらえる年金を今もらわなければ、その額は露と消えるだけです。65歳から受給が始まる老齢厚生年金にある繰上げ、繰下げ受給制度は、特別支給の老齢厚生年金にはありません。

繰上げ受給

65歳から受給が始まる老齢基礎年金(国民年金)と老齢厚生年金は、同時に繰上げ受給を希望することができます。しかし、繰り上げるにはその分減額されますので注意してください。ひと月繰り上げるごとに65歳でもらえる受給額から0.5%減額され、その額は、65歳になっても元に戻りません。また、「間違った理解」で書いた特別支給の老齢厚生年金を61歳~64歳で受給できる人が、この繰上げを希望すると、減額された老齢基礎年金(国民年金)と減額された老齢厚生年金を受給し、特別支給の老齢厚生年金は、消滅してしまいます。繰上げは慎重に慎重に!

繰下げは、自分の寿命と相談

65歳になっても、経済的に余裕があるなら老齢基礎年金(国民年金)と老齢厚生年金の繰下げ受給を希望することができます。しかも繰下げは、繰上げと違って、老齢基礎年金(国民年金)と老齢厚生年金の繰下げ時期をずらすこともできます(ただし、65歳0ヵ月~65歳11か月の間に繰り下げることはできません)。また、繰下げの場合、65歳でもらえる受給額に、ひと月で0.7%の増額があります。したがって、65歳から受給する場合と、例えば70歳から受給する場合を比較すると、受給額の累積が82歳前後で逆転します。ご自分の寿命と相談しながら受給開始時期を決めてください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
The following two tabs change content below.
Toshikazu Oyama
神奈川県の中央部、厚木市の開業事務所です。 代表は、大山敏和(社会保険労務士)。 助成金など企業にとってプラスにこそなれ、決してマイナスにならない「うまみ」を使用者にどんどん提案してゆくつもりです。決して「ブラック」と呼ばせない合理的経営の御支援をいたします。

シェアする