良く聞かれる失業保険と年金を一緒に貰う方法

この質問は、どの様な相談会でも良く聞かれます。
また、年金を貰っていると失業保険(雇用保険)が一切対象外か・・思われる方が多いようです。
簡単に概説して行きますね。

【全く関係なく併給出来るもの】
ほとんどの年金が当てはまります。
・障害年金(国民・厚生)
・遺族年金(国民・厚生)
・労災年金等
また、
・65歳以上の方が受給する老齢厚生年金・国民年金も併給調整されずに全額受給できます。

【調整されるもの】
・特別支給の老齢厚生年金(65歳未満の方に支給されるもの)

ようするに、これだけなんですよね。。
(特別に支給される物だからとして覚えましょう)

そこで、一番よく聞かれる質問

Q 65歳で継続雇用終了、その後は失業保険を貰う予定、いつの時点で退職するのがベストか?

A 自己都合退職で問題なければ、65歳になる前に退職して、65歳を過ぎてから求職申込をするのが良い

(理由)
65歳を超えて退職すると、勤務期間1年以上であれば、50日間分のの一時金となる。
65歳未満で退職すれば、10年未満90日、10年以上~20年未満120日、20年以上150日と所定給付日数に応じて失業している期間支給されることとなる。

契約期間終了まで勤務したいという思いのある方もいらっしゃるので、あくまでも考え方の参考です(^-^;

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
The following two tabs change content below.
岡 佳伸
ハローワーク職員として3年8か月窓口業務を担当しました。(元労働局職員)事例への対処方法を身に着けております。創業支援、雇用保険を活用した人事設計、クラウド会計支援、各種助成金、キャリアコンサルティング、自己啓発体制作り、公的年金によるライフプラン設計を主に行っております。(特定社労士&1級FP&キャリアコンサルタント)

シェアする