難病患者の為の障害年金について・・・障害厚生年金②社会的治癒とは?

年金制度の大前提として、初診日に加入していた厚生年金制度に基づいて給付されるということがあります。

①初診日が20歳前の時・・・障害基礎年金(1級、2級)になります。

②初診日が国民年金加入中の時・・障害基礎年金(1級、2級)になります。

③初診日が厚生年金加入中の時・・障害基礎年金(1級、2級)及び障害厚生年金(1級、2級、3級になります)

難病患者の方であれば、以前にも記載させていただいた通り「3級 就労に支障がある者(逆に軽度の就労は可能な者)」 に該当する方が多いかと思います。

その際は上記の③の時にしか、3級の障害厚生年金対象にならないこととなります。

但し、難病の方ですと下記のような事例も多いのはないでしょうか?

1.20歳前に指摘されるが治療の必要性が無いとして経過観察(又は放置)

2.会社員になった後(厚生年金加入中)に会社の健康診断等で数値の悪化を知り治療開始

3.治療開始後、徐々に重くなり障害厚生年金の3級に該当する(障害認定日・事後重症)

このような時に、1.20歳前の時が初診日であると判断されますと厚生年金非該当となり年金は支給されません。

初診日と実際、病気と認識して治療を開始した日の間に相当長い期間があり(3年以上)、通常の社会生活が遅れているということであれば、2.会社員になった後(厚生年金加入中)の期間に初診日があるという主張も出来ます。

その間の期間については、「社会的治癒」が存在していた考え方です。

この社会的治癒は各事例ごとで判断され、統一的な考え方は示されていません。

その結果、不利な日が初診日と判断され受給権を失うことも多々あります。

正直な話、難しい考え方なので、年金事務所の窓口や審査では却下されることもあります。

どうしても納得いかないときは、専門家の社労士に依頼しましょう!!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
The following two tabs change content below.
岡 佳伸
ハローワーク職員として3年8か月窓口業務を担当しました。(元労働局職員)事例への対処方法を身に着けております。創業支援、雇用保険を活用した人事設計、クラウド会計支援、各種助成金、キャリアコンサルティング、自己啓発体制作り、公的年金によるライフプラン設計を主に行っております。(特定社労士&1級FP&キャリアコンサルタント)

シェアする