中小企業が新卒採用なんてしてもムダ!

小さな会社が新卒採用をやっても応募なんてない。

と思っていませんか。

そんなことはありません。

このブログを読んでいる方はもうそのような流布は忘れて下さい。

小さな会社が人材を採用するには、中途採用よりも新卒採用のほうが応募者は多いかもしれません。

いまの学生は、つまらなそうな会社、つらそうな会社、興味のない会社には見向きもしなくなっている傾向があります。そして、大手企業から内定をもらっても学校卒業まで就職活動をしている学生もいます。

昨年の平成28年、私のクライアント、(従業員30名程度の中小企業)に10月以降も30名も応募がありました。しかも結構な高学歴の人たちでした。平成28年は大手企業が新卒学生を大量採用している年です。それでも10月以降もドシドシ応募がある。

実はこれ毎年のことです。10月以降も大体応募がある。

私は社労士事務所を立ち上げてからずっと新卒採用の支援をやっていますが、10月以降の採用も結構多いです。

これから新卒採用をやってみたいなぁ~と思っている社長さんは、10月以降に近くの学校に行ってみて「これからでも新卒採用間に合いますか?」と聞いてみてください。私の言っていることが本当だと分かりますから。

事実、私の事務所には学校から「この時期の求人は本当にありがたいです。」と感謝されるメールまで届きますから。

新聞の情報、ネットの情報や学校のパンフレットの就職率99%みたいなのに騙されないことです。

いままでそういった世間の情報に合わせて人材採用考えていませんでしたか?

新卒採用のアドバイスで忙しい社長をサポートする社労士事務所

マジでやばい新卒採用誰も知らない3つの真実

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
The following two tabs change content below.
やってみたいね!新卒採用 小さな会社のほっとする窓口
当事務所は原則、企業との顧問契約で事業をしております。企業からの単発の依頼や個人の障害年金等は受けないこともございます。「小さな会社の新卒採用」は知る人ぞ知る業務です。毎月一度は社長にお会いして、しっかりとコミュニケーションをとりたいと思っています。インターネットを利用した給与計算、インターネットを利用した手続き業務など、ITで事務処理を効率よくしたい企業は大歓迎です。起業家でもある所長がマーケティング・アドバイザー、経営コーチとして忙しい社長をサポートします。他の士業とのネットワークも充実しています。
やってみたいね!新卒採用 小さな会社のほっとする窓口

最新記事 by やってみたいね!新卒採用 小さな会社のほっとする窓口 (全て見る)