ヒマなので帰ってもらった従業員の給与は早退扱いで計算しても良いのか

よくあるパターン

天気予報が外れて大雪となり、ほとんどお客様がいらっしゃらない店内に、ヒマそうな店員が数名いたとします。こんなときは、店長が「帰っていいよ」と声をかけることもあるでしょう。

あるいは、工場で原材料や部品の納品が突然ストップしてしまい、製造に携わっている従業員は仕事のしようがないということもあります。

こんなときも、工場長から「どうぞ帰ってください」と声がかかるかもしれません。

このように、会社側から声をかけて早退してもらったときに、その時間分の給与を欠勤控除して良いのでしょうか。

法律の規定によると

働かないなら給与を支払わなくても良いという、ノーワーク・ノーペイの原則があります。

これは、労働契約の性質から当然のこととされています。

つまり、働いたら給与を支払いますという契約なのだから、働かない分は給与を支払わなくても良いという常識的な話です。

ところが法律によると、会社都合の休業の場合には、給与全額を支払うのが原則です。〔民法536条2項〕

例外的に、就業規則等で別途定めた場合に限り、支払う給与を平均賃金の6割にまで減額することが可能だとされています。〔労働基準法26条〕

厚生労働省のモデル就業規則にも、「臨時休業の賃金」という規定例があります。

やはり就業規則があると無いとでは大きな違いです。

そもそも「会社都合」と言えるのか

上の<よくあるパターン>に示した例は、「会社都合」とは言えないようにも思われます。

天気予報が外れて大雪となるのは、会社が悪いのではなくて、天気予報を出した気象庁が悪いのかもしれませんし、大雪は天災であって不可抗力なのだから、素直に「会社都合」とは認めたくない気もします。

それでも、大雪について従業員に落ち度が無いのは明らかですし、厳しいですが、会社側は大雪で人手が余ってしまった時の対策も、あらかじめ考えておかなければならないのです。

納品ストップのケースも同様で、従業員に落ち度は無く、会社側は万一の場合を想定した対応を求められているのです。

帰ってもらうのではなくて

急にいつもの仕事が無くなったとしても、やることが無いわけではありません。大雪のケースでは、雪かきが必要になるかもしれません。

そうでなくても、普段できないことを行うチャンスです。

たとえば、次のような事をあらかじめリストアップしておいて、このチャンスに実施してはいかがでしょうか。

・普段できない所の徹底清掃

・接客トレーニング(ロールプレイイングなど)

・ベテラン社員によるレクチャー

・お客様の声を集約するためのミーティング

・競合店についての情報交換と対策協議

・労災発生防止についての協議(発生しそうになった体験の共有)

・より良い仕事をするための意見交換

ただし、普段の仕事と違うことを従業員に行ってもらうと、労働契約の範囲を越えてしまうという問題もあります。

労働条件通知書や就業規則などには、ある程度幅を持たせた業務内容を定めておきたいものです。

希望による早退なら

それでもなお人手が余ってしまうときは、どうしたら良いでしょうか。

大雪のケースであれば「〇〇さん、帰りの電車大丈夫かなぁ。希望すれば、早めに帰ってもらってもいいよ」と打診して、ご本人が希望して帰るのであれば、会社に早退時間分の給与支払い義務はありません。

納品ストップの例では「皆さんに徹底清掃を行っていただきたいと思います。ただ事情が事情なので、ご希望があればここで業務を終了し帰っていただいてもかまいません。希望者はいらっしゃいませんか」と呼びかけて、一部の従業員に帰っていただくのも良いでしょう。

そして希望者には、欠勤控除があることを説明しておけば、トラブルにもなりません。

こうしたことができるようになるには、日頃のコミュニケーションが大事ですね。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
The following two tabs change content below.
解決社労士 柳田 恵一
「府中柳田」で検索してみてください。そして、お気軽にご連絡ください。どこに問題があるのかを明らかにして解決します。