会社を辞めたくても退職させて貰えないとの時の対応は?

 今、労働者からのご相談で一番多いのは「退職させてもらえないです」
 
原則、民法上、期間の定めの無い労働契約契約は14日前に通知すれば良いこととなります。
(就業規則で他の規定されていても、民法が優先します)
 
契約期間の定めのある契約は契約期間終了まで勤務するのが原則ですが、已むえない事情がある場合は退職できるとの大原則があります。
 
また、労働基準法で強制労働も禁止されています。
 
会社から、退職したことに対しての損害賠償請求されてもまず認められることは無いので、あまり気に病むことはございません。
 
(詳しくは下記リンクを参考にして下さい。)
・東京はたらくネット労働相談Q&Aリンク
NO.41 契約途中でやめたい
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa06_41.html
NO.47 退職させてもらえないとき
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa08_47.html
 
夜間や土日でも行政で電話相談を行っています。下記にリンクを掲載します。
東京都労働相談情報センター
https://www.hataraku.metro.tokyo.jp/soudan-c/center/consult/guide.html
労働条件相談ホットライン
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/news_topics/topics/2014/_120742.html
 
また、労働局のあっせん制度も活用できます。
 
もし、会社から不当な要求がされた際はご検討下さい。
(私は特定社労士ですので代理人としてもお手伝い出来ます)
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/roudou-soudan/3.html
 
お一人で悩まれることはありません。社労士や行政機関に是非ご相談ください!!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。
The following two tabs change content below.
岡 佳伸
ハローワーク職員として3年8か月窓口業務を担当しました。(元労働局職員)事例への対処方法を身に着けております。創業支援、雇用保険を活用した人事設計、クラウド会計支援、各種助成金、キャリアコンサルティング、自己啓発体制作り、公的年金によるライフプラン設計を主に行っております。(特定社労士&1級FP&キャリアコンサルタント)

シェアする